1. ホーム>
  2. もっと知りたい観光情報>
  3. 観光スポット>
  4. 歴史>
  5. 太田一高(旧太田中学校)講堂

もっと知りたい観光情報

太田一高(旧太田中学校)講堂

当時の建築技術の高さ伝える建築物「旧太田中学校講堂」

『太田一高(旧太田中学校)講堂』の画像

県立太田第一高等学校の講堂は、明治37年に旧太田中学校のとして建築されたものです。
講堂は、桁行き20.9m、梁間14.5m、正面に車寄せを設けた瓦葺き屋根の洋風建築で、旧県立商業学校本館や旧土浦中学校本館なども手掛けた、茨城県の技師・駒杵勤治によって設計され、ゴシック、ロココ様式を基調とし、当時流行していたスティックスタイル(木骨様式)を取り入れてあり、内部には、校章の掘られた演台やエンタシス柱、コリント風の柱頭飾りなどが施されています。この様式の建築物が当時のまま現存しているのは稀少で、当時の建築技術の高さや面影を今に伝える重要な建築物として、昭和51年に国の重要文化財に指定されました。
なお、毎年秋には、太田一高が所蔵する書画など、貴著な資料とともに一般公開が行われています。

地区 常陸太田地区
所在地 常陸太田市栄町58
TEL 0294-72-8071(観光振興課)
※詳細については文化課にお問合せ下さい。
※見学等のご連絡は県立太田第一高等学校にご相談下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る