もっと知りたい観光情報

法然寺

浄土宗第5祖である蓮勝上人が創建した寺院「法然寺」

『法然寺』の画像

延元元(1336)年、浄土宗第5祖である蓮勝上人が、佐竹氏9代義篤の保護を受けて創建した寺院。蓮勝上人は、佐竹氏4代義繁の子で、鎮西義白旗派の祖・鎌倉蓮勝寺(現在の大本山光明寺)において浄土宗第4祖の良暁上人の門下に入り、浄土宗の奥義を究めた人物です。本尊は阿弥陀如来像で、鎌倉時代の仏師・藤原定朝の作と伝えられています。境内には「太田の三夜さん」と呼ばれ親しまれている二十三夜尊があります。また、風神と雷神のレリーフが彫られた山門も迫力があり興味深いものがあります。

地区 常陸太田地区
所在地 常陸太田市東三町
TEL 0294-72-8071(観光振興課)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る