もっと知りたい観光情報

山寺晩鐘の碑

「水戸八景」の一つ「山寺晩鐘の碑」

『山寺晩鐘の碑』の画像

水戸徳川家九代藩主・徳川斉昭公により選定された「水戸八景」の一つに建てられた石碑で、この碑が位置する茨城県立西山研修所構内東南の高台は、久昌寺の附随施設として設けられた学寮「三昧堂檀林」の跡地にあたり、常時数百名の学僧が修行を積んでいたとされる場所で、暮れ六つ時(午後6時)になると、勤行の声や梵鐘の音が太田の町中に響き渡っていたといいます。藩士の文武を奨励した斉昭公は、その一環として中国の「瀟相八景」になぞらい、領内の景勝地の中から水戸八景を選定することで、藩士にそれらを鑑賞させたり、詩歌を詠ませるための場を設けたものと考えられます。碑に刻まれた文字は、斉昭公の筆跡によるもので、「山寺晩鐘響幽壑」(山寺の晩鐘幽壑に響く)との詩歌も残されています。

地区 常陸太田地区
所在地 常陸太田市稲木町
TEL 0294-72-8071(観光振興課)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る