もっと知りたい観光情報

西山荘 (西山御殿)

徳川光圀公が『大日本史』の編さんの監修に当たった場「西山荘」

『西山御殿跡』の画像

「水戸黄門」で知られる、水戸藩二代目藩主・徳川光圀公が藩主の座を退いた後、元禄4(1691)年から元禄13(1700)年に没するまでの晩年を過ごした隠居所。光圀公はここで『大日本史』の編さんの監修に当たりました。入口には光圀が紀州から取り寄せ、移植した熊野杉が天を覆っています。建物は茅葺き平屋建て、内部は粗壁のままで、どの部屋にも装飾はなく、書斎も丸窓だけの三畳間と質素な佇まいです。なお、現在の建物は、文政2(1819)年に再建されたものです。春の梅、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、季節ごとに異なった表情が楽しめる、美しい情景は必見です。常陸太田市を代表する歴史的観光スポットのひとつです。

また,茨城県内で国指定の「名勝」に指定されたのは,平成26年に大子町の「袋田の滝及び生瀬滝」が指定されて以来,4件目の登録です。「史跡及び名勝」としては,常盤公園(水戸市)が大正11年に指定されて以来,なんと94年ぶりの指定になります。

地区 常陸太田地区
所在地 常陸太田市新宿町590
TEL 0294-72-1538(西山荘事務所)
営業時間 9:00~16:00(入荘は閉荘の30分前まで)
定休日 年末年始
料金 大人:1000円(一般)、900円(団体)
小中学生:600円(一般)、540円(団体)
※団体は30名以上となります。
※未就学児は無料となります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る