もっと知りたい観光情報

義公廟

徳川光圀公(義公)の遺徳を忍んで建立された「義公廟」

『義公廟』の画像

西山公園の駐車場から坂を登った先の右手に見えるのが義公廟。昭和16(1941)年、久昌寺裏の高台に徳川光圀公(義公)の遺徳を忍んで建立されたものです。 廟の中には、光圀公が生母の菩提を弔うために、法華教1部10巻8万3900字あまりを書き写した桧板30枚を納める宝塔、光圀公が集めた明版一切経が収蔵されています。

地区 常陸太田地区
所在地 常陸太田市新宿町239(久昌寺境内)
TEL 0294-72-8071(観光振興課)
駐車場 3台

関連リンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る