もっと知りたい観光情報

男体山

雄大な眺望が広がる「男体山」

『男体山』の画像

 

『石碑』の画像

 

『標識』の画像

標高654mの男体山は、別名「鼻かけ山」とも呼ばれる、奇抜な形状をした岩山が並ぶハイキングの名所。
竜神峡、安寺、持方、そして男体山を結ぶ一帯は、奥久慈県立公園に当たり、春秋には多くのハイカーで賑わいを見せます。山頂からは、東南から東北にかけて高鈴・堅破(山)・花園の諸峰、北に八溝山、南に西金砂の大森林など、雄大な眺望が広がります。
その絶景を、明治、大正の文学者・大町桂月は「奥久慈の 男体山を 仰ぎ見て 絵を学ばんと 思ひけるかな」と詠んで称えています。山頂北側にはブナ、イヌブナ、ミズナラなどの大木からなる林が見られ、植物観察の宝庫であります。
山頂近くにはニッコウキスゲも開花します。

地区 水府地区
所在地 常陸太田市上高倉町
TEL 0294-85-1116(観光振興課(水府))

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る