もっと知りたい観光情報

東金砂神社のモチノキ

樹齢500年の御神木「東金砂神社のモチノキ」

『東金砂神社のモチノキ』の画像

モチノキは、通常高さ10mほどまで達する常緑高木。多くは西日本に自生し、庭木として栽培されています。
葉は厚くて光沢があり、長細い楕円形をしています。
材質は堅くて綿密、印材や挽物用に、樹巣は染料やとりもちとして使用されています。樹齢500年、高さ8m、幹周3.6mを誇るこのモチノキは、東金砂神社の御神木で、県指定天然記念物となっています。
かつて、現在の和久町に住んでいた人が、当社に心願をかけて奉納したもので、御神徳によって粳米が糯米に変わったという伝説が残っているほか、この古木につながれた馬は粗相をしないとも言われています。

地区 水府地区
所在地 常陸太田市天下野町9740
TEL 0294-85-1638(東金砂神社)

 

関連リンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る