もっと知りたい観光情報

武生神社の太郎杉

推定樹齢約800年の巨木「武生神社の太郎杉」

『武生神社の太郎杉』の画像

大同元(806)年、坂上田村麿が武運長久を祈願して建立された言われる武生神社。3,000坪を超える広々とした境内には、推定樹齢約800年、高さ約35m、周囲約5mを誇る巨木「太郎杉」があります。横枝が大きく突き出した枝張りであり、また山上にもかかわらずこれほどまでに成育した天然木は、近隣でも非常に珍しく、常陸太田市の天然記念物に指定されています。幾度かの落雷に遭いながら現在までその樹齢を保つことができたのは、太く勢いのある枝振りによるものでしょう。古くは当地の神事として、休日を集落の人々に知らせるために樹上に旗を立てていたとも言われています。

地区 水府地区
所在地 常陸太田市下高倉町2578
TEL 0294-87-0789(武生神社)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る