もっと知りたい観光情報

東金砂山

関東の比叡山とも呼ばれる「東金砂山」

『東金砂山01』の画像

『東金砂山02』の画像

西金砂山と相対してそびえる繁山で、「関東の比叡山」とも呼ばれています。西金砂山の神であった女神が、東金砂山の神に嫁いできたという伝説があるほか、この山で起こった雷は、常陸の国一帯に雨を降らせると言われ、「金砂の雷は一国の雨」ということわざがあるなど、様々な言い伝えが残されています。
頂上付近の標高は494mで、金砂大田楽で知られる東金砂神社は、その頂上付近の杉巨木の木立の中にあります。社務所の近くには県指定天然記念物の樹齢500年のモチノキの御神木があります。

地区 水府地区
所在地 常陸太田市天下野町
TEL 0294-85-1116(観光振興課(水府))

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る