もっと知りたい観光情報

木造薬師如来坐像

制作時期は鎌倉時代初期の「木造薬師如来坐像」

『木造薬師如来坐像』の画像

 

像高は145cm、寄木造りで漆箔彫眼の如来像。飛天を配した光背を持ち、九重の蓮華座上に坐しています。宇治平等院鳳凰堂の本尊である阿弥陀如来、および日野薬師如来の本尊である薬師如来像と同じ作品であり、制作時期は鎌倉時代初期とされます。定朝様式と呼ばれる仏像彫刻の特徴が色濃く残る、県内でも代表的な作品です。国指定重要文化財。

地区

金砂郷地区

所在地

常陸太田市下利員町957(西光寺)

電話番号

0294-72-3201(郷土資料館)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは常陸太田市観光物産協会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市観光物産協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る